hikaze

幕末維新備忘録

幕末から明治維新に関する備忘録

山岡鉄舟の死――坐禅を組んだまま

 

 正午前、勝海舟が山岡家の玄関に行く。すると鉄舟の息子山岡直記《なおき》が出て来て言う。

「いま死ぬるというております」

 勝が中に入ると、人が大勢集まっている。その真ん中に鉄舟がいた。真白の着物に袈裟をかけ、神色自若として坐禅を組んでいる。

f:id:hikaze:20141127180439j:plain

「どうです。先生、ご臨終ですか」と、勝が問う。

鉄舟はうすく目をひらいて微笑んだ。「さてさて、先生よくお出でくださった。ただいまが涅槃《ねはん》の境に進むところでござる」

 いつもと変わりなく口調は落ち着いていた。

「よろしくご成仏あられよ」そう言って、勝はその場を去った。

 

 用事をすませて帰宅すると、勝の家内が「山岡さんが死になさったとのご報知でござる」と話した。
「はあ、そうか」と勝は、聞き流した。そのとき驚くこともなかったという。

 鉄舟は皇居にむかって結跏趺坐のまま死んだ。

 

 参考文献:

山岡鉄舟の武士道 (角川ソフィア文庫)

山岡鉄舟の武士道 (角川ソフィア文庫)

 

 

 

 

広告を非表示にする