hikaze

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幕末維新備忘録

幕末から明治維新に関する備忘録

ゲーテについて

ゲーテによる無頼的態度への批判

「天分は自分だけで完成されるという妄想にとりつかれている」(『ゲーテ全集15巻 書簡』)と、晩年のゲーテは後進の無頼派的態度を嘆いています。(ゲーテの無意識と天才 ) フランスのヴィクトル・ユゴーを賞賛し、それとは反対に若いドイツの詩人を学識…

天才と無意識の関係についてゲーテの見解

photo credit: Jorbasa via photopin cc 天才はすべて無意識になす 芸術創造における意識と無意識の働きについてシェリングと論争したシラーは、ゲーテに意見を求める。それについてゲーテは、 およそ天才が天才である限りそのなすところはすべて無意識にな…

ゲーテもおそれたデモーニッシュ(魔神的)なる力

人物が高等であればあるほど支配される photo credit: Cpt via photopin cc 以前の記事「ナポレオンとゲーテ -」でもちょっと触れたデモーニッシュという言葉は、『詩と真実』のなかで説明されています。 それは非理性的に見えたから神的なものではなかった…

ゲーテのナポレオン観

photo credit: greg westfall. via photopin cc エッカーマンは、ゲーテとのやりとりを「ゲーテとの対話 」として世に出している。この書物では、ナポレオンについて言及している箇所がおおい。またそのほとんどが賞賛で、ナポレオンについて語ることはゲー…

ナポレオンとゲーテ

photo credit: timofeic via photopin cc ナポレオンが欧州を蹂躙していった時代 いくつもの国に分かれていたドイツは、ナポレオンに制圧されます。 そのひとつにヴァイマルという国があります。決して大きな国ではない。が、ナポレオンとヴァイマルの宰相と…